博報堂生活総研 みらい博2018 “進貨論” – おかねの未来 調査協力

facebook.png

{果たして}おかねが変われば、人は変われるのか?

コミュニケーション分野の総合研究所である博報堂の生活総研。2017年の研究発表のテーマは「進貨論」。
冊子のとりまとめや発表に向けての議論を深めるために、Fintech系サービスをはじめ、周辺領域の「人とお金」の関係を変えうる事例を調査。50を超える事例を集め、未来の兆しとともにレポーティングを行いました。

 

私たちの役割

・Fintechに関わらず、”おかね”の価値観を変える新ビジネスの兆しの調査(50事例程度)
・それぞれの事例に対して、価値観がどのように変化する可能性があるのかを考察
・ミーティングでの議論

WEBサイト

博報堂生活総研 みらい博2018 WEBサイト

ResarchYOKO SAKAMOTO