2016. 出雲重機 2025年の会社案内

{果たして}人工知能と共生した後の会社像はどうなっているのだろうか?

Background
人工知能やロボットと人間はたびたび対峙する姿で描かれることがありますが、私たちはよりよく共存するビジョンがより求められているのではないかと考えています。
アーティストの大久保淳二氏は出雲重機という名前で活動し、10年以上前からこのビジョンを持ってアートワークを作り続けてきました。


2020年に実在する会社の会社案内をつくり、世界観を広げる
10年以上の時を経て、画面の中から飛びだしアートトイとして世界で発売をされる出雲重機の重機たち。
その世界観を補足するために、2025年に実在しているかもしれない架空の会社案内をプロデュース。
人と人工知能が共存した後の世界を課題設定の前提とし、工夫を凝らしてツウが好む世界観を作り上げています。



人間vs人工知能の恐怖に、Good-Bye