2015. 「2025 – Concept Art Book Of The Future」制作

{果たして}起業家のビジョンはコンテンツになりえるか?

Background
2014年、まだまだ数が少ない日本のハードウェアスタートアップ。触れ合うスタートアップの中でも、投資環境の違いから、海外に活路を見出す人も多くいました。
しかし、私たちが触れる海外の起業家に比べて、日本のスタートアップはビジョン(世界観)を語ることが苦手な方が多く、プレゼンテーションの方法に課題がありました。
ユニークな技術を持つ日本のハードウェアスタートアップの世界的な存在感を、ビジョンとコンテンツの力で世界に広げることができないかと考えました。


起業家のビジョンをもとに作られた、未来の設定資料集
2025は、起業家が作りたい未来を、映画の設定資料集の形式で表現したアートブックです。
キックスターターで資金調達を行うために、パイロット版として1章のみが入った英語のミニブックを作成しました。
起業家との対話をもとにビジョンを明確にし、ストーリーを考え、アニメーターにそれを描いてもらって仕上げました。


広告とSF物語の中間コンテンツ
キックスターターではスタッフセレクションに選ばれましたが、残念にも不成立。
しかし、このパイロット版の冊子を手に米国に進出したことで、イクシー株式会社は米国国内での認知を劇的に上げることにつながりました。



ビジョンや思想がないビジネスに、Good-Bye