[NEW!!] 書籍「10年後の働き方-こんな仕事、聞いたことない! からイノベーションの予兆をつかむ」

{果たして}"未来への恐怖"でしか、人の心を動かすことができないのか?

Background
予測できず不安な未来だからこそ、未来を想像し、行動する力が欲しいものです。
一方、本屋に飾られる「人工知能・ロボットが仕事を奪う」という恐怖を煽る書籍たち。
ひとりひとりがポジティブに、自由な発想で新たな仕事をつくるきっかけを作ることはできないものでしょうか?


50個の”未来の仕事”から自分を想像し、行動する
私たちが数年間で出会った、SXSWやSXSW ECOをはじめ、TechCrunch DisruptやXOXO Festivalなどで出会った海外イノベーター/アーティストコミュニティ。彼らが持つ楽観的とも思える未来をつくる思想や新しいビジネスの種。
それらをもとに50個の「これからできる(かもしれない)新しい職業を予報。
農業と食、交通とエネルギー、情報流通と金融、コンテンツとコミュニケーション、医療と介護、建築と行政、教育とエンターテイメント、ファッションとウェアラブル…と、様々な業種を網羅しています。



“テクノロジーが仕事を奪う”からの恐怖に、Good-bye。